インドにおける日本企業のチャンス・期待感とは

Shah:Beyond Next Venturesは、2020年1月にインドのシリコンバレーと言われるベンガル―ル(バンガロール)市に子会社を設立し、インドスタートアップへの投資に力を入れています。今回は、「なぜ今インドなのか」「日本企業がいかにインドで活躍していけるのか」について、投資トレンド等も含めてまとめました。

登壇者

Beyond Next Ventures India
Head, Business Development Group

Shah Mayur

金融、IT、R&Dサービス分野で25年の経験を持ち、日印間におけるビジネス開発のエキスパート。2009年にみずほ銀行のインドのニューデリー支店に入社。12年以上にわたりシンクタンク部門を率い日本企業とインド企業の積極的なコラボレーションを先導。また、多くの日本企業に対し、質・量的な調査分析を通じて、インドスタートアップ企業への投資機会に関する意見形成を支援。2021年5月、当社参画。インド支社にて日本企業や投資家とインドスタートアップとのオープンイノベーション強化に従事している。横浜市立大学 国際経済学 修士号取得。

インドスタートアップの最新動向

Shah:なぜインドなのか。それは、高い経済成長率であること、人口が世界最大規模で市場が大きいこと、25歳未満の人口が50%と非常に若い方が多くエネルギッシュであること、年間150万人以上の理工学系の学生を輩出していること、などが大きな理由です。

さらに、最近はスタートアップ業界も大変な活況を見せており、2021年はユニコーンが36社も誕生し、アメリカ・中国に次いで第3位に君臨しています。ユニコーン入りした企業の事業領域としては、フィンテック、ヘルスケア、エドテックが比較的多いです。

IPO企業については、フードデリバリーのzomatoや電子決済のPaytmは1兆円近くの時価総額が付いています。

特筆すべきは、BtoBのSaaSを提供するFreshworksという会社です。こちらはもともとインドで13年以上前に立ち上がった会社ですが、今ではアメリカに本社を移しています。先日ナスダックに上場し、1兆円企業になりました。今後この事例のように、インドで創業し、拠点をアメリカ等に移して成功する企業が増えるのではないか、と推測しています。

インドスタートアップの投資トレンド

Shah:2020年のインドのスタートアップ投資額は、年間1兆円です。日本は5000億円なので、日本の約2倍の資金調達が行われています。さらに、2021年は第3四半期だけで1兆4000億円となっており、年々投資額は増えています。

領域で最も多いのはフィンテック関連です。これは、金融基盤が社会インフラとして整備されている段階の新興国に共通して見られる現象です。また、ベンチャーキャピタル的にも投資効率が良いという背景もあります。

次に多いのは、エドテック(教育)関連です。インドには子供が多く、富裕層を中心に教育熱心な方も多いのが背景としてあると思います。

我々としては、今は割合は少ないものの今後はアグリテックディープテック領域が伸びてくるのではないかと予想しています。

インドにおける日本企業のチャンス

Shah:インドにおける日本企業のチャンスはたくさんあります。

まず成長市場であること、世界最大規模の人口を有する大きな市場であることです。

次いで、親日である点です。特にシニアの方であればあるほど日本のテクノロジーや文化に触れながら生活してきた過去があり、非常に親日的であると感じます。

また、日本以上にデジタル先進国なので、デジタル系の新規事業のフィールドとして適している点や、英語を話せる人が多いのでグローバル人材を育成させる場所としても非常に良いと思います。

そして、今のインドはハードウェアやディープテック領域が弱く、ここに日本企業の技術力が活かされるチャンスが眠っていると思っています。一方で、ハードウェア領域はデータビジネスと常にセットなので、ハードウェア領域における協業・リソース提供をしながら、データビジネスの取り込みや新規参入を行っていくのがいいのではと思います。

あとは、ソフトウェアのエンジニアリングリソースの拡充です。日本は将来10万人単位でソフトウェアエンジニアが不足すると言われているなかで、今からインドに開発拠点をおくことで、日本人材の1/4のコストでソフトウェア開発リソースを自社で持つことは、企業競争力そのものだと思います。開発が必要な日本の投資先企業にも、まずインドに開発拠点をつくることを勧めています。

インドスタートアップの日本に対する期待

Shah:インドのスタートアップは日本に対してどんな期待をしているのか。もちろん資金的な支援への期待はありますが 、もう一つは日本の技術力です。「日本は技術の国である」という印象は共通してもたれています。

私たちが注目しているディープテック領域だと特にその期待は大きいです。インドのハードウェアのスタートアップを見ても、プロトタイプや小ロットのものは作れますが大量生産は技術的にまだ弱い部分があると感じています。

そこに対して、日本企業が有する製造ラインの技術と連携することで、インドのスタートアップとwin-winの関係が作れるのではないかと思っています。

インド人は基本的にアントレプレナー精神が強いので、スマホを使った展開も価値があると認識されれば、ものすごい速さで市場に展開されていきます。今後、インドの活発なエネルギーと日本が築き上げてきた技術力を融合させて、新たなビジネス展開が次々に進んでいくでしょう。

まだまだ日本に届いていないインドの情報も多いので、今回の内容がインド進出を検討されている企業やインドスタートアップと繋がりを持ちたいと考えている方のお役に立てれば幸いです。弊社へのご相談も随時受け付けております。
https://beyondnextventures.com/jp/contact/

Shah Mayur

Shah Mayur

Head, Business Development Group India