リージョナルフィッシュがシリーズBで20.4億円を調達

2022.09.05

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:伊藤毅、以下「当社」)は、ゲノム編集技術をはじめとした品種改良技術×スマート養殖技術を活⽤するリージョナルフィッシュ株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社⻑:梅川 忠典)に追加出資を行いました。今回は、当社をはじめ、荏原製作所、NTTファイナンス、三菱UFJキャピタルなどを引受先とした第三者割当増資による総額約20.4億円のシリーズBでの資金調達ラウンドとなります。

リージョナルフィッシュについて

リージョナルフィッシュは、京都⼤学⼤学院農学研究科の⽊下政⼈准教授、近畿⼤学⽔産研究所の家⼾敬太郎教授らの技術シーズをコアとして設⽴されたスタートアップです。オープンイノベーションを通じて、超⾼速の品種改良とスマート養殖を組み合わせた次世代⽔産養殖システムを作り2021年には世界初のゲノム編集動物⾷品である可⾷部増量マダイ「22世紀鯛」と、第⼆弾としての⾼成⻑トラフグ「22世紀ふぐ」を上市し、ECサイト「Regional Fish Online」などにて販売を行っています。

今回の大型資金調達により、国内最⼤級の養殖プラント新設による⽔産物の量産体制整備のほか、海外進出、品種改良やスマート養殖の研究開発を強化し、⽔産物の⽣産体制強化とさらなる研究開発の加速を⽬指す予定です。

弊社代表 伊藤のコメント

リージョナルフィッシュが品種改良を行った魚が市場に投入され、いよいよビジネスをスケールさせるフェーズに入ってきました。会社設立前の構想段階から関わっていますが、その後の成長スピードに本当に驚いています。今回、多くの事業パートナー各社に出資頂いた事で、国内水産業の活性化を推進し、各領域のパートナー企業様と共にグローバルに展開する準備が整いました。弊社としても引き続き、リージョナルフィッシュが更にアクセル全開で日本の水産業や世界の食文化の為に、事業を加速する事を全力でサポートしたいと思います。リージョナルフィッシュの今後にご期待ください。

リージョナルフィッシュのプレスリリース全文はこちらからご確認ください。

リージョナルフィッシュ 会社概要

代表者 代表取締役社⻑ 梅川 忠典
所在地 京都府京都市左京区吉⽥本町36番地1 京都⼤学国際科学イノベーション棟
コーポレートサイト https://regional.fish/

Beyond Next Ventures株式会社 会社概要

大学や企業における優れた研究・技術を発掘し、社会への実用化に向けて、研究者や起業家と新産業の創出に挑む独立系VC・アクセラレーターです。資金的支援に加え、創業前からの事業化支援やディープテック領域における経営人材の育成など、VCの枠を超えてより強固なエコシステムの構築に注力しています。

本社 東京都中央区日本橋本町3-7-2 MFPR日本橋本町ビル3階
代表者 代表取締役社長 伊藤 毅
設立 2014年8月
事業内容 日本・インドの技術系スタートアップへの出資・成長支援、技術シーズの事業化支援、研究開発型スタートアップにおける経営人材育成・採用支援、シェア型ウェットラボ運営など
URL https://beyondnextventures.com/jp/

POPULAR NEWS

  • 2号ファンドを総額165億円で最終クロー…

    2020年12月、株式会社産業革新投資機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横尾敬介、以下「JIC」)等からの出資……

  • 【開催レポート】米国トップVCも参加、日…

    Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:伊藤毅、以下「当社」)は、研究……

  • 経営体制の強化のお知らせ

    Beyond Next Ventures株式会社では、この度、経営体制の強化を目的として、鷺山 昌多が執行役員に就任いた……

  • 【経産省スタチャレ採択】大企業人材が新興…

    Beyond Next Venturesが運営する次世代の新規事業リーダー育成プログラム「INNOVATION LEAD……