TOWINGにリードインベスターとして新規出資

2021.12.20

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:伊藤毅、以下「当社」)は、当社が運営する名古屋大学・東海地区大学広域ベンチャー2号投資事業組合を通じて、株式会社TOWINGにリード投資家として新規出資を行いました。今回は、当社に加え、epiST Ventures株式会社、NOBUNAGAキャピタルビレッジ株式会社を引受先とした第三者割当増資による、総額約1.4億円のプレシリーズA資金調達ラウンドとなります。

“土壌を創る” 次世代のアグリテックベンチャーTOWINGとは

TOWING(トーイング)は、環境に配慮した人工土壌「高機能ソイル」を活用した次世代の作物栽培システム「宙農(そらのう)」を開発・販売する名古屋大学発スタートアップです。この人工土壌の技術をベースにし、地球上における循環型農業の発展と宇宙農業の実現を目指しています。

高機能ソイルとは

植物の炭等の多孔体に微生物を付加し、有機質肥料を混ぜ合わせて適切な状態で管理してつくられた人工土壌の名称。国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構が開発した技術に基づき、TOWING社が栽培システムとして実用化。高機能ソイルには大きな特徴が3つあります。

 

  • 有機質肥料を高効率に無機養分へと変換できます。
  • 畑で良い土壌を作るためには通常3~5年くらいかかるが、高機能ソイルはわずか約1カ月で良質な土壌となります。
  • 本来であれば廃棄・焼却される植物残渣の炭化物を高機能ソイルの材料とするため、炭素の固定や吸収効果も期待できます。

 

 

2050年には世界の人口が97億人(2021年の世界人口は78億7500万人)に達すると言われており 、食料需要は1.7倍に増えると予測されています。同社では、高機能ソイルを活用した持続可能な畑を増やすことで、環境負荷の少ない効率的な食料増産を実現し、世界で懸念されている食料危機問題の解決を目指します。

また、2050年には月面や火星に1,000人が暮らす宇宙基地の建造が構想されています。今後、同社では月面や火星の土をベースとした高機能ソイルを開発し、宇宙でも作物栽培可能なシステムの実現を目指しています。

TOWINGのプレスリリース全文は、こちらからご確認ください。

担当キャピタリスト有馬のコメント

この度、名古屋そしてアグリテック界における『宇宙兄弟』、西田兄弟率いるTOWING社にリード投資家として出資できたことを嬉しく思います。持続可能な農業に向けて2021年に「みどりの食料システム戦略」が農林水産省より策定され、いま日本は農業の”大変革期”にあります。その中で、特に重要課題である「CO2削減」や「有機農業」を推進する同社の技術は、持続可能な農業の実現に大きく貢献すると信じています。同社が社名”TOWING”のごとく日本、世界、そして宇宙におけるアグリ領域を牽引するリーディングカンパニーになれるよう、全力でサポートしてまいります。

株式会社TOWING 会社概要

本社 〒457-0058 愛知県名古屋市南区前浜通7-1-2 NTラボ
代表者 代表取締役CEO 西田 宏平
設立 2020年2月27日
事業内容 1. 次世代作物栽培システム(宙農)の開発
2. 次世代作物栽培システム(宙農)の導入支援サービス
URL https://towing.co.jp/

TOWING社では積極採用中です!

同社では、新しい農園システムを一から作りあげ、共に農業の未来を切り開いていく仲間を募集中です。
次世代技術を活用した高効率かつ持続可能な農業の実現にご興味のある方は、以下URLよりキーワードに“TOWING”と入力して検索ください。
https://jobearth.mynavi.jp/

POPULAR NEWS

  • 2号ファンドを総額165億円で最終クロー…

    2020年12月、株式会社産業革新投資機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横尾敬介、以下「JIC」)等からの出資……

  • 経営体制の強化のお知らせ

    Beyond Next Ventures株式会社では、この度、経営体制の強化を目的として、鷺山 昌多が執行役員に就任いた……

  • tayoとBeyond Next Ven…

    株式会社tayo(本社:神奈川県横須賀市、 代表取締役:熊谷洋平、 以下「tayo」)とBeyond Next Vent……

  • ヘルスケア業界のDX化推進に向けた連携に…

    丸紅株式会社(以下、「丸紅」)、株式会社OPExPARK(以下、「OPExPARK」)、Beyond Next Vent……