東京大学協創プラットフォーム開発の1号ファンドにおける初出資先に選定。Beyond Next Ventures1号ファンドは55億円に

2016.12.26

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:伊藤毅、以下「当社」)が運営するBeyond Next Ventures 1号投資事業有限責任組合(以下「BNV1号ファンド」)は、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 大泉克彦、以下「UTokyo IPC社」)が運営する協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合(以下「IPC1号ファンド」)の初の投資案件となる約5億円を上限としたLP出資を受け、ファンド総額55億円の規模でファイナルクローズすることとなりました。

 

リリース全文はこちら

POPULAR NEWS

  • 2号ファンドを総額165億円で最終クロー…

    2020年12月、株式会社産業革新投資機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横尾敬介、以下「JIC」)等からの出資……

  • 経営体制の強化のお知らせ

    Beyond Next Ventures株式会社では、この度、経営体制の強化を目的として、鷺山 昌多が執行役員に就任いた……

  • tayoとBeyond Next Ven…

    株式会社tayo(本社:神奈川県横須賀市、 代表取締役:熊谷洋平、 以下「tayo」)とBeyond Next Vent……

  • OIST×Beyond Next Ven…

    有望なディープテックスタートアップを育成する支援プラットフォーム「OBI-Hub」の受付を開始いたしました!……