産学連携のもと研究成果の実用化を加速し、研究資金が循環する流れを作る|国際最大級技術シーズ向けアクセラレーションプログラム「BRAVE」とは

2016年に誕生した「BRAVE」は、大学や企業などで革新的な技術を開発する研究チームや創業直後の技術系スタートアップの社会実装を支援する2カ月集中型のアクセラレーションプログラムです。

これまで120チームがBRAVEに参加され、卒業生の累計資金調達額は158億円に上ります。また、彼らを後押しする多くの専門家やメンター、累計50社を超えるパートナー・サポーター企業の皆様にご協力いただき、大学発ベンチャーや研究開発型スタートアップに関わる人々や支援者が集まる「場」や「コミュニティ」が生まれ始めています。

今回は、BRAVE統括マネージャーでもある私・金丸から、BRAVEの存在意義や目指すものについて共有できればと思います。

大学や企業の研究成果が社会で活かされ、研究資金が循環する流れを作りたい

Beyond Next Ventures(以下、BNV)は、大学や企業における研究成果に裏付けられた物理、化学、工学、医療、生命科学、情報通信などの技術を開発し、“次”を越えていく起業家たちを支援しています。

日本では、大学の研究費として毎年3.5兆円ほどが投資されています。大学の研究成果が産業として実用化されれば、大学にはライセンスフィー、ロイヤリティー(権利金)が支払われることになりますが、その額は年間わずか20億円程度にとどまっています。

参考:経済産業省「日本と海外主要国の研究開発活動」

参考:文部科学省「平成26年度 大学等における産学連携等実施状況について」

もちろん大学への投資で重要なのは経済的な見返りだけではありません。実用化研究の基礎となる基礎研究やビジネスに直結しないアカデミックな研究成果を生み出すことは大学の社会的な重要な役割ですし、その研究開発を経て、人材が育っていくことで金銭に換算できない価値が生み出される面もあります。とはいえ、兆単位の税金が投入されていながら、リターンが20億円しかなければ、いずれ破綻しかねません。

その社会的な大きな課題に歯止めを掛けるため、BNVでは大学の研究成果の事業化を支援し、事業化を担うプロジェクトや企業に資金を集め、社会に還元していく「産学連携」の流れを積極的に作っていきたいと考えています。その一環として始動したのが、アクセラレーションプログラム「BRAVE」です。

事業化を希望する研究者や創業間もないスタートアップを募り、それぞれにメンターや専門家を配置し、起業家向け研修を実施。基礎研究と優秀な頭脳を持った起業家たちをビジネスの舞台に立てるよう支援します。パートナー企業様のご支援も頂きながら育成カリキュラムを組み、年に1~2度のプログラムを通じて採択チームへのノウハウや知識、人脈などビジネスに必要な要素を提供し、自ら習得してもらうことで業界の底上げを図ることを目指しています。

研究者には、起業に関する「知識」と「ネットワーク」が必要

大学発ベンチャーの起業を促進するにあたって決定的に足りないのは、起業を志望する人々への「知識とネットワーク」です。

そもそも起業とは何か。起業には何が必要か。それに伴うリスクは何か、そのリスクはどのようにしてコントロールし、縮小できるのか。リスクを覚悟して前へ進むために求められるものは何か。起業したくてもなかなか踏み出せないでいる人も、起業や経営に関する知識と事業化を後押しするネットワークがあれば、殻を破って起業家へ転身することができるはずです。

「研究×起業」のハードルは高い?

BRAVEでは、以下のようなアクティビティを通じて、これらの提供を通じて、研究者にとっての「起業」をより身近に、確かなものにしていきます。

経営者候補人材とのマッチング

順調に立ち上がっている研究開発型スタートアップでは、技術面を推進する人とビジネス経験豊富な経営面を推進する人が共同創業するパターンが比較的多いです。BRAVEでは、プログラムの最初に創業仲間を求める研究者の皆さんに経営者候補を紹介します。弊社が仲介役となり、お互いの相性を見定めながらマッチングを行い、2カ月間共にBRAVEを走り抜きます。将来の適切な創業メンバーや幹部候補と出会えるのは、他のアクセラレーションプログラムには無い、BRAVEの大きな特徴です。

起業の実践的な知識やスキル

プログラムの中頃には、プロフェッショナルな講師陣による、起業に向けたマインドセット、資本政策・事業計画の作成、知財戦略、法務、海外展開、資金調達等、ベンチャー立ち上げに必要な知識などについての講義が行われます。過去には、スタートアップの知財戦略の専門家として著名な鮫島正洋氏や、東京大学発ベンチャーのペプチドリームを創業された菅裕明氏などにご登壇いただきました。また、プログラム最後のピッチ大会に向けて、専門家や起業家の前でプレゼンの改善練習も行います。

資金・人材面でのサポート

ピッチ大会で上位に入賞されたチームには、事業化を加速するための賞金、JSTのSTARTプログラムへの推薦、事業化支援、出資機会などが授与されます。また、人材採用、メディアへの露出、パートナー企業(事業会社)とのネットワーク構築などの機会も得られます。

研究成果の社会実装を目指す研究者の一助となりたい

大学等の研究成果を社会実装しながら、大きな社会課題を解決するスタートアップが増えていくことで、必ず世の中をより良くしていけると私たちは信じています。一方で、今までと違うことにチャレンジするには、経験も知恵も勇気も必要です。それを全力でサポートすることは、私たちの、そしてBRAVEの役割です。

これまで6回の開催を通じて、参加者からも嬉しいお声を頂いています。

“自分自身がイノベーションを起こす一員になりたいと、より強く感じさせてくれる出会い、知識、機会を多く与えて頂いた。”
“今までチームにいなかった属性の方に参加していただくことができ、資金計画や市場規模など手薄だった部分を強化することができた。”
“事業化は絶対に行い、市場を創出した上で、先駆者、絶対的な強者として君臨したいと思います。 先ずはJSTのSTARTを勝ち取ることを目標に進めたいと思います。”

“次” を超える人と共に、私たちも挑戦するーー。BRAVEは、Beyond Next Ventures自身の挑戦でもあります。今後も、BRAVEに参加した皆様により価値を感じていただけるよう、プログラムのさらなる向上に努めていきたいと思います。

最後に

Beyond Next Venturesでは、研究成果の実用化を目指す研究者の皆様を応援しています。
すぐに資金調達には結びつかずとも、社会実装を目指す方はぜひ我々にコンタクトしてください。
https://beyondnextventures.com/jp/contact/

Masahiro Kanamaru

Masahiro Kanamaru

Manager, Venture Capitalist (AI)