起業前夜の体験が大企業的な意識を180度変えた

未来の起業家・ビジネスリーダーを育成するプログラム「Innovations Leaders Program」(以下、ILP)の卒業生インタビューシリーズです。

今回は、ILP2期卒業生の平尾さんにインタビューを実施。平尾さんは、2017年にILPにご参加いただき、内視鏡によるAI画像診断技術のチームの事業化に約2カ月間コミット。現在は、所属組織の中で事業やプロジェクトをリードする“社内起業家”(イントレプレナー)として活躍されています。

起業、経営、スタートアップに興味のある方はぜひご一読ください。

<インタビュー対象者>

株式会社フィリップス・ジャパン S&RC マーケティング部 睡眠グループ プロダクトマネージャー 平尾 彰浩氏
1982年生、大分生まれ。慶應義塾大学大学院 理工学研究科スマートデバイス専攻 卒業。大学院を卒業後は、Massachusetts General Hospital Wellman Labで 半年間訪問研究員として勤務。帰国後、富士フイルムメディカルへ就職。その後、GEヘルスケア・ジャパンでの就業を経て、2014年より現職。2017年開催のILP2期に参加。

どのようなきっかけでILPに参加したのですか?

ILPに参加したのは2017年。過去を振り返ると3年に1度位のタイミングでキャリアの転機があり、まさにそんな時期でもありました。当時は、大型のMRI (磁気共鳴断層撮影装置)のプロモーションやマーケティングを担当していて、仕事は安定軌道に乗っている。一方で、大企業の中でこのまま先の見え易いキャリアパスを歩むのがいいのか、もっと社会に大きな価値をもたらす何かがしたい、という使命感が高まる中で、ILPを知りすぐに参加を決めました。

その使命感を持つ原体験のようなものはあったのですか?

大学院で研究に従事している時から「研究と社会がつながっていない」ことに課題感を持っていました。修士を修了後は、MGH(Massachusetts General Hospital)へ半年間留学し、薬剤抵抗性感染症に対するレーザー治療の研究に携わっていました。 医療価値が高く社会に貢献できる技術なのに、それがうまく社会に届いていないのはなぜだろう?と疑問でした。そう思った背景には、大学時代にスタートアップを手伝った経験があり、社会に足りないものを能動的に生み出そうとした仲間達に触れていたからかもしれません。

ILPではどんな活動をしましたか?

ILPでは、内視鏡によるAI画像診断技術の研究チームへ参加を決めました。専門領域にも近く、同時に大企業との連携が必要な分野でもあり、自身の経験が生きるのではと感じました。

プログラムのゴールは、2カ月後の最終ピッチ大会です。2名の仲間と共に、優勝に向けてビジネスプラン作りが始まりました。資金調達ピッチで高い評価を得るには、正しい情報の積み上げや具体的なプランが必要です。そのため、リサーチと議論がパラレルかつ非連続的に進んでいきます。就業後の夜9時頃から深夜までSkypeで議論したことも何度もありました。この時のひりつくような熱気は今でもリアルに思い出します。

私が得意とするマーケティング領域以外に関わることも多く、医療機器を世に出すための薬事、競争力の高いビジネスモデルを生み出す源泉となる知財戦略、ファイナンスなどは未知の領域でした。また、意思決定のスピードが格段に速く、大企業にいる自分には想像できないスピードで進んでいきました。

そんな環境なので最初こそ戸惑いはありましたが、最終ピッチ大会が近づく頃には「最優秀賞が射程距離にある、取りにいける」という確信がメンバー全体に生まれていました。

そして迎えたピッチ大会の当日。結果は、私たちが待ち望んでいた「最優秀賞」でした。飛び上がるように嬉しかったのと共に、私の心の中に“起業”という2文字がリアルに浮かびあがってきました。

ILP参加後、実際に起業に向けて活動されたのですか?

優勝したことで、参加した研究チームの「創業メンバーに加わること」という選択肢が生まれましたが、結果として私自身はジョインせず、チームとは別の道を歩むことに決めました。

この結論にたどり着いたのは、ピッチコンテスト終了から2カ月後のことです。ヘルスケア領域においてインパクトがあり、意義のある研究をビジネスにすることは学生時代から非常に興味があったので、すごく悩みました。家族会議もしましたし、起業経験のあるメンターさんにも相談させてもらいました。

結果的にスタートアップの創業メンバーにはなりませんでしたが、「価値あることに自分自身が周りを巻き込みながら取り組みたい」という強い気持ちが私を次なるステップへ駆り立てました。

その次なるステップとは何だったのでしょうか?

「社内起業家」(イントレプレナー)としての道です。

ちょうど社内公募で、ビジネストランスフォーメーション(社内変革)チームメンバーの募集があり、すぐに応募しました。「Lean Methodologyによる国内事業全体の業務改革を短期間で推進するトレーナー」という意欲的なポジションでした。支援対象範囲は広く、人事等のバックオフィスや薬事等の専門部署も対象となります。

予定通りプロジェクトを終えた後は、さらなる次のステップとして、睡眠・呼吸関連のプロダクトを扱う事業部で睡眠ビジネスのプロダクトマネージャーをしています。ビジネスの計画策定・数値管理等のデスクワークだけでなく、大学・医療法人・大企業等の外部とのアライアンスまで担当させてもらえる柔軟なポジションです。所属部門も大きく、現在2,200人を超える社員のうち1,000名あまりが所属する主要部署の一つで、まだ就任半年ではありますがスケールの大きさには興奮しています。

また、ビジネス上の肩書とは別に、CSRの観点からカルチャートランスフォーメーション、ダイバーシティ、SDGsの3つのタスクフォースを有志メンバーと共に連続的に立ち上げ、CEOやCHROの支援も得ながらリーダーとしてフィリップス・ジャパンの全社員の自己実現や幸福度を向上させるために腐心しています。

「1つの部署・ラインの中で仕事をしがち」な大企業的思考から抜け出し、まったく違うスケール感で組織を眺められるようになったことは、ILPでの経験が大きく生きていると感じます。

すごいご活躍ですね。具体的にILPでのどんな経験が生きていますか?

具体的には、「狭い視野に捉われず、事業全般を俯瞰して、必要な打ち手を考える目線を身につけられた」こと。そして、「スピード速くゲームチェンジを主体的に起こしていくことの必要性に気づけたこと」ですかね。

社内起業家(イントレプレナー)として、大組織で多くのステークホルダーを巻き込み新しいチャレンジを続けることは、聞こえはいいですが実は試練の連続です。これまでなかった変化を新しく起こす者には非難や抵抗は必ず出てくることを実体験しています(笑)が、こういった組織力学も俯瞰しながら利他的に動けるようになったことは、ILPを契機にマインドセットが変わったからかもしれません。

今後も、ILPで得た仲間とのネットワークも大切にしながら、“ビジョンの解像度”が近い方とより良いものを社会に実現していきたいと思います。

最後に

2017年にスタートしたILPでは、これまで300名以上の卒業生を輩出しています。研究者との共同創業に興味がある方、スタートアップ経営や起業に興味があるビジネスパーソンの皆様は、ぜひお問い合わせください。
https://beyondnextventures.com/jp/contact/

Shota Sagiyama

Shota Sagiyama

Executive Officer, Head of HR Support